家出サイトについて気をつけること

今年の五月にも、ある事件がニュースになりました。
それは、児童買春・ポルノ禁止法違反などの疑いで、男性が逮捕されたというものです。
その内容は、女性を六人ほど自宅に泊めて、中には14歳の中学生も居て、その女性に売春を斡旋していたというものでした。
このニュースでは、その女性と男性が出会うことになったのが、家出サイトであるといわれていました。
別名、神待ちサイトともいわれるインターネットのサイトの存在ですね。
実際に、こういったサイトを使っていてそこから事件になるということもあります。
男性は、加害者として自分が全国的に実名で報道をされることもあるかもしれないのです。
神待ちサイトには、それでも女性と出会いたいという気持ちから、様々な男性が集まることになります。
女性も、男性に助けて欲しいと思っていますので、そのサイトを使うようになるのですね。
その神待ちサイトですが、実際に使ってみれば出会うことができるばかりではないようです。
中にはサクラもいて、これに引っかかってしまうとお金を失うだけで終わってしまうことになります。
実際に女性と待ち合わせ場所を指定できたといっても、それが女性個人でのやり取りとは限りません。
もしかしたら、相手の裏には何か怖い団体がいるかもしれませんので、男性は常に気をつけるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>